ヒートショックプロテイン(HSP)とは・・・

こんにちは!サイクリングジムの竹之下です。

今回はヒートショックプロテイン(以下HSPとします)について少しお話しますね!

まずHSPとは細胞内の傷ついたタンパク質を修復してくれる成分を言い、別名「ストレス防御タンパク」とも言われています。

細胞の修復機能があるため、美容や健康にも良いと注目されるようになりました。

 また、HSPには次のような働きもあります。

 免疫細胞の強化

〇乳酸の産生を遅らせる

 

 こういった働きもあるため、体には欠かせないものでもあります。

HSPは、もともと私たちの体内にも存在しています。

しかし、年齢とともに体内のHSPは減少していきます。

 年齢ともにケガが治りにくかったり、体調を崩すとなかなか治らないのは、HSPが

減少していることが関係しています。

 

また、年齢とともに太りやすくなるというのもこのHSPの減少が影響していると言われています。

 

ではどうしたら増やすことが出来るのか?

それは・・・

体に熱によるストレスを受けることで増やすことができます。

どういうことかというと

「入浴」「運動」

で増やすことができます。

「入浴」はお風呂に入って体温を上げ、保温することによってHSPを増加させ、免疫力もアップ。

具体的に説明すると、お湯の温度は、40~42度くらいに設定。温度を上げすぎるのはNGです。
この状態で、湯船に10分ほどつかっていると、自然に体温は1度ほど上昇します。そしてこのままさらに10分ほど入浴すればOK。

入浴後は、部屋を適温にし、身体を冷やさないことも大切です。

 

 

「運動」は有酸素運動がHSPを増やすのに適しています。

有酸素運動をすることで、体には下記のようなストレスがかかります。

 

①体温が上がる…熱ストレス

②乳酸が増加して体内が酸性に傾く(pHが低下する)…酸性ストレス

③息苦しくなる…低酸素ストレス

 

HSPはその名のとおり適度な熱ストレスを受けることで増えますが、

熱以外にも緊張・加圧・低酸素・紫外線・酸などをストレスとして増えるのです。

運動が体にいいことは周知の事実ですが、HSPを増やしてくれる効果まであるとは、まさに一石二鳥です。

HSPを運動で効率的に増やすには、より多くの酸素を消費するジョギング、サイクリングなどがオススメです!

どの程度の運動量がよいかと言いますと、汗が出て少し疲れを感じるくらい。時間の目安としては1日30分程度です。

まとめると、、、一番ベストな方法は、

適度に30分ほど運動してその後ゆっくりお風呂につかる。

皆さんも実践してみて下さい!

 

 

関連記事

  1. あてはまりませんか?? ○○チェック

  2. プロテインについて。

  3. 年末年始の休業日のご案内

  4. 休肝日の効果は?

  5. 悪天候でも最適なサイクルトレーニングは?

  6. 1/4(木)より完全予約制となりますのでご注意下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。