トレーニングでやってはいけない〇〇〇

 

こんばんは!トレーナーの岸田です。

 

 

ゴールデンウィークも終わり平常運転となりました。過ぎてしまえばあっと言う間ですね。

 

 

これまでトレーニングで取り入れてほしいことや、やってほしいことを話してきましたが、

今日は逆にトレーニングでやってはいけないこと、についてお話したいと思います。

 

 

 

まず一つ目は重量と回数に固執してはいけない!

 

 

 

重量だけに目を奪われるとフォームを崩してケガのリスクが高まり、かえってバランスの悪いカラダになってしまいます。

 

 

また、やみくもに回数をこなすだけでは筋肉に適正な負荷が掛けられず、効率よく筋力アップが出来ません。

 

 

目的に合った適切な追い込み方が必要ということですね!

 

 

 

 

二つ目は寝る前に筋トレはしてはいけない!

 

上の方たちは盛大にやってますが…

 

 

筋トレで交感神経が刺激されると、カラダを休息モードにもっていけず、眠りの質が低下します。

 

 

本来は入眠直後に深い眠りが訪れ、筋肥大を促す様々な成長因子が分泌されます。

 

 

このタイミングを逃すとカラダ作りはうまくいきません。むしろ速やかに眠り、少し早起きして筋トレに励みましょう!

 

 

 

三つ目、筋トレ1時間前以降は食べてはいけない!

 

 

どんなに消化がいいと言われるものでも、筋トレ1時間前以降は固形物を口にしてはいけません。

 

 

消化活動のために内臓は血液を必要とするので、筋肉の取り分が少なくなるからです。

 

 

ジュースやコーヒーなど糖分を多く含む飲料も逆に低血糖を引き起こす原因になります。

 

 

口にするのであればアミノ酸飲料やエネルギーゼリーなどがオススメです。

 

 

 

最後に、体調が悪いときはトレーニングをしてはいけない!

 

 

風邪をひいても筋トレのノルマだけはこなす!というのは間違いです。

 

 

ウイルスを攻撃する抗体を作るためにカラダは必死。

 

 

タンパク質はそちらに回されるのでその状態で筋トレしても筋分解が進むだけ。

 

 

二日酔い時の筋トレも×です。脱水症状に陥っているので、水分不足により筋トレの効果は薄くなります!

 

 

皆さんはこのようなことしていませんか??

 

 

少し気を付けることでトレーニングの効果も変わってきますよ

 

関連記事

  1. 休肝日約2か月後の効果は?

  2. 1/4(木)より完全予約制となりますのでご注意下さい!

  3. 食物繊維のチカラ

  4. 運動×美肌

  5. 音楽×運動

  6. ウォーキングについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。